xxx

  • x
  • xx
  • xx
  • xxx
  • xxx

xxxx

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 『東京国際アニメフェア2012』開催 「韓国コンテンツ振興院」のブースが気合い入っていた! | トップページ | アメブロは、ソフトバンクやヤフーや電通の圧力に屈したのか? »

2012-03-22

民団新年会での来賓のあいさつ

<新時代体感 民団新年会>本気で試そう韓日結束(2011.1.12 民団新聞)

http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=12&newsid=13916


来賓のあいさつ 未来志向 いっそう強く



鳩山由紀夫・前首相(民主党衆院議員)=日本と韓国との絆は昨年、いままで以上に深く強くなった。

今年は両国政府間でさらなる信頼の向上に努め、両国の国民が友愛の精神で結ばれていくことを願っています。

東アジアの中核となる両国がアジアを牽引、世界の平和の中心役を果たせるようにしましょう。

地方参政権についても大きな道を開く年にしていこうではありませんか。



岡田克也・民主党幹事長(衆院議員)=昨年、日韓関係は最もすばらしい1年でした。お互いの英知ですばらしい年にできた。

今年はこれからの100年について基礎を固める大事な年です。

李明博大統領が訪日し、菅直人首相が訪韓する。

未来志向で力強く進まなければならない。政治だけでなく経済、文化、国民生活、草の根、あらゆるレベルで両国関係を強める年にしたい。



山口那津男・公明党代表(参院議員)=北朝鮮による延坪島砲撃など厳しい状況の中で日韓の協力をいっそう強め、

朝鮮半島の非核化実現と挑発行為を二度と許さぬという国際社会の合意形成に努めていかねばならない。

今、国会に上程されている日韓図書協定を全会一致で成立するという私の新年の初夢を是非正夢にしたい。

今年創団65周年を迎える民団が大きく飛躍されることを期待しています。公明党も全力で応える決意です。



西野あきら自民党副幹事長(衆院議員)=日本と韓国の絆と両国の友好を強めていこう、共に発展していこうとの志と気持は誰にも負けない。

韓半島の緊張感は隣国として共有しています。両国の悠久の歴史、文化交流も断ち切れない深い絆があります。

さらに絆を深め、発展し、東アジアの核となるようなすばらしい1年となることを願っています。



志位和夫・日本共産党委員長(衆院議員)=昨年、民団や韓国大使館と意義ある交流が進んだことをうれしく思う。

日本共産党の国会議員全員が、日韓議員連盟に加入した。党として友好に全力を尽くす。

超党派で取り組む二つの課題、「朝鮮王室儀軌など日本に運び出された文化財の返還」と「永住外国人への地方参政権」の実現のために

力を尽くしたい。



福島みずほ・社会民主党代表(参院議員)=今年は正念場です。一つは年を越した日韓図書協定が国会で成立するよう全力で頑張ります。

二つ目は地方参政権です。もう少しというところで実現していない。

今年こそ共生社会の中で地方参政権を実現したいと思っています。

すべての人にとって住みやすい社会をつくるべきだと社民党は考えています。一緒に力を合わせていきましょう。



浅尾慶一郎・みんなの党政策調査会長(衆院議員)=日韓の関係は、いろんな意味でますます重要になっていくでしょう。

特に北東アジアの安全保障を考える場合、日韓がしっかりと連携していくことが、この地域における平和を維持していくことにつながっていく。

皆さんとしっかりと議論していきたい。



中井洽・日韓議員連盟会長代行(民主党衆院議員、前国家公安委員長・拉致問題担当大臣)〓

日韓議連は昨年11月に共産党を含め多くの加入者を得て300人近い集団として新たにスタートしました。

難しい国会の状況の中で日韓関係強化に努力したい。引き続き北東アジアと世界の平和と安定のために頑張っていきたい。

今日の良好な日韓関係の基礎を築いたのは民団の皆さんです。両国のために活躍を期待しています。









民潭の暗躍はマジうざいんだけれども売国奴をあぶり出すいい踏み絵にはなってるな










公明は民潭、総連と居並ぶ滅ぼすべき集団。

日本にはびこる邪を祓う意味での機関が必要。



« 『東京国際アニメフェア2012』開催 「韓国コンテンツ振興院」のブースが気合い入っていた! | トップページ | アメブロは、ソフトバンクやヤフーや電通の圧力に屈したのか? »