xxx

  • x
  • xx
  • xx
  • xxx
  • xxx

xxxx

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 【国際】日本の常任理事国入り、進展ない…国連事務次長 | トップページ | 韓国原発の放射能が駄々漏れだった »

2012-03-24

韓国は日本人がつくった。(黄文雄著)

韓国は日本人がつくった(黄文雄著)

2011-06-17 00:34:30
テーマ:

韓国は日本人がつくった。(黄文雄著)

第1章 韓国の独立と主権を確立したのは日本だった
 1.「日本が朝鮮の独立を奪った」という嘘
  ①朝鮮は中華帝国の属国であった
  ②属国願望が強かった朝鮮人
  ③中国の暦を使用し続けた朝鮮歴代王朝
  ④国号と王位までも中華帝国から下賜
  ⑤世界から独立国家と認められていなかった朝鮮

2.報われなかった朝鮮人の「中華への恭順」
  ①「下国の下国」だった朝鮮王朝
  ②中華から搾取され続けた半島
  ③「慰安婦」は宗主国への献上品であった
  ④1000年にわたる「売春立国」という悲哀

 3.日本が清国の支配から朝鮮を解放した
  ①朝鮮の国事や人事、国土変更までを決めていた清国
  ②「朝鮮省」化を狙う清国と中華帝国編入を喜ぶ朝鮮
  ③日本の恩義に対してコソコソと画策する韓国

 4.日韓合邦がもたらした半島の主権
  ①合邦がなければ韓国の今はなかった
  ②世界が承認した日韓合邦

第2章 「醜い韓国人」はいかにして生まれたか
 1.小中華を自負する属国の歪んだ自尊心
  ①李朝朝鮮時代に完成した属国根性
  ②朱子学が事大主義を決定づけた
  ③尊濡によって朝鮮人は独創性を失った
  ④事大主義が培った「醜い性格」
  ⑤朝鮮人の排他的性格をも形成

 2.あくまで事大を捨てきれなかった朝鮮
  ①滅亡した明帝国を敬う頑迷さ
  ②「背信」「忘恩」を繰り返す不信の国
  ③時代の変化に暗い朝鮮人
  ④現代韓国人にも染みついている事大主義

 3.事大主義を否定する韓国人の欺瞞
  ①韓国人は自国の歴史を美化しすぎる
  ②韓国人の国自慢こそが「時立心のなさ」を物語っている
  ③朴正煕大統領の自国批判

第3章 李朝崩壊の混乱を防いだ日韓合邦
 1.国民を絞るだけ絞っていた李朝の悪政
  ①李朝衰亡を招いた「三政紊乱」
  ②徹底的な収奪に苦しめられた農民

 2.権力闘争と腐敗に明け暮れる朝鮮半島
  ①血で血を洗う李朝朝鮮の暗黒の歴史
  ②韓国人の歴史観に潜む神経質さと不寛容さ
  ③ワイロと党争のみでつづられた李朝の歴史
  ④韓国人社会の「死に至る病」
  ⑤裏切りと虐殺しかない韓国社会の病巣

 3.日韓合邦で破滅を逃れた朝鮮半島
  ①国家破産を救った日本
  ②李朝王族の悲劇も回避
  ③国王の復活など考えもしなかった韓国人
  ④日韓合邦は朝鮮の国際的地位を高めた
  ⑤「日帝36年」はもっとも朝鮮半島が安定した時代

第4章 「日帝36年」は朝鮮人の命を救った
 1.日本が半島から生命を奪ったという嘘
  ①韓国人の主張する「被害者」の数の矛盾
  ②実際は順民だった朝鮮人

 2.強制連行という歴史捏造
  ①あまりにひどいでっちあげ
  ②朝鮮人は自ら希望して日本列島に殺到

 3.内訌を止揚した「日帝36年」
  ①同民族の殺し合いだった「反日運動」
  ②戦後もつづいた反日の英雄や豪傑の殺し合い

 4.法治社会の確立で守られた人権
  ①非人間的な刑罰が残る朝鮮半島
  ②日本が植え付けた法治国家の概念

 5.多くの命を救った日本の近代医療制度
  ①「日帝」以前のソウルは世界一不潔な都市
  ②朝鮮人の命を奪った最大原因は疫病
  ③近代医療制度の確立と普及で死亡率が激減
  
第5章 「日帝」による近代化教育とハングルの普及
 1.朝鮮人は「漢字文化」の優等生
  ①自らオリジナル語を捨て去った朝鮮人
  ②ハングル文字の創出は宗主国への「謀反」
  ③両班支配下のハングル弾圧と愚民政策
  ④自国史よりも怪しげな中国史を信用する両班

 2.韓国にハングルを広めたのは日本だった
  ①日本が先行していた朝鮮語研究
  ②日本が考案した漢字・ハングル混じり文
  ③日本語理解者20%という数字が示す「朝鮮語抹殺」の嘘
  ④朝鮮語を捨て日本語常用を望んだ朝鮮人

 3.漢字を捨てる現代韓国の文化自殺
  ①言語伝達能力低下を招いた漢字漢文放棄
  ②十九世紀からあった脱漢字の風潮
  ③台湾の国語に見る悲劇
  ④韓国ご自慢のハングルが抱える問題点
  ⑤日本語の使用は朝鮮半島に「文明開化」をもたらした
 
第6章 創氏改名と皇民化政策の真実
 1.自己申告制だった創氏改名
  ①朝鮮人に与えられた特権
  ②80%以上が創始改名したという事実
  ③創始改名は一視同仁の原則を目指した国民運動
  ④完全に社会から抹殺されていた女性を救った

 2.創始改名は朝鮮人が嘆願したものだった
  ①満州での朝鮮人と中国人の衝突が発端
  ②在満朝鮮人を圧迫から解放した皇軍

 3.創始改名を繰り返してきた朝鮮半島
  ①大中華からの漢姓下腸という韓人の「背祖」
  ②半島における創氏改名「三つの波」
  ③支那コンプレックスからくる韓国人の血筋重視

 4.皇民化はリンカーン以上の開放政策
  ①救われた奴婢階級
  ②殺しても罪に問われない差別された最下層階級
  ③アジアに類例を見ない半島カースト制度の悲劇
  ④南北分断はむしろ幸福なことだった
  ⑤今でもはびこる韓国人の人種差別と階級差別
  ⑥韓国の徹底した小国いじめ

 5.日韓同祖論を使い分けるご都合主義
  ①同祖論を主張しながら日韓合邦を否定する矛盾
  ②祖先より反日運動を尊重するハングル世代

 6.歪曲された皇民化運動
  ①時代の趨勢だった近代国民国家運動
  ②反日で韓民族の統一を図る民族主義者

第7章 飢餓の国を近代農業国に変身させた日本
 1.惨憺たる状態だった半島の農業
  ①干ばつ、水害、霜害などで飢饉が横行
  ②草根樹皮で生命をつなぐ朝鮮農民
  ③林野状態も最悪の状況

 2.土地強奪の歴史捏造と「日帝」の農業政策
  ①両班こそが土地強奪の犯人
  ②不毛の地を開発した日本農民

 3.初の科学的全国調査による恩恵
  ①いい加減だった李朝の土地制度
  ②隠田を摘発し耕作地は倍増

 4.農民の活力を奪った両班の階級支配
  ①両班の極端な労働蔑視
  ②農民収奪に見る「切骨の痛み」
  ③農民を堕落させ困窮に追い込んだ李朝官僚

 5.「日帝」による韓国農民の意識改革
  ①宇垣総督の農村振興運動
  ②日本農民の自力更生気質が新風を吹き込む

 6.米産倍増によって飢餓の国を救った日本
  ①質と量を安定させた農政改革
  ②食糧事情の向上により朝鮮半島の人口も急増
  ③世界的に認められた日本の農業政策
  ④結局は自業自得だった土地売買

第8章 朝鮮半島の近代化に尽力した日本
 1.加速する国土崩壊を食い止めた日本
  ①ずさんだった朝鮮半島の治山治水
  ②盗伐や乱伐などの人為的原因で崩壊した山河

 2.近代工業国へと導いた日帝のインフラ整備
  ①大規模な水力発電プロジェクト
  ②農業社会から工業社会へと変貌した朝鮮半島

 3.人流と物流をスピーディーにした交通整備事業
  ①孤立する村をつないだ道路建設
  ②産業の発達と民族の自覚を育成

 4.「日帝」による半島の資源開発
  ①地下資源の宝庫という朝鮮半島に対する悲しい誤解
  ②総督府による鉱物調査
  ③財政補填で守られた地下資源の開発

 5.近代化の障壁となった朝鮮人の迷信
  ①困難を極めた「死者に支配された国」の国土開発
  ②総督府と祖先崇拝・風水信仰との闘い

 6.半島経営で搾取されたのは日本人のほうだった
  ①日本人の血税で支えられた朝鮮経済
  ②韓国の民力と民族を育成した朝鮮総督府

 7.半島の民力を超えた近代化建設
  ①日帝は朝鮮半島から何も奪わなかった
  ②独自の技術を創出できなかった半島の実力

 8.現代の日韓関係も「搾取」と捉える韓国人
  ①貿易赤字も「掠奪」と考える時代錯誤
  ②韓国サッカー協会会長・鄭夢準の非常識

第9章 韓国が日本に絶対に勝てない理由
 1.なぜ韓国人は被害者意識から脱出できないのか
  ①現代韓国人は自惚れについての反省がもっと必要
  ②400年も前に縛られ続ける悲しさ
  ③韓国人は責任を他人になすりつけるクセがある
  ③スケープゴートにされる親日派

 2.南北朝鮮の統一こそ悲劇である
  ①半島の分断も日本のせいにする非常識
  ②分断国家のほうが適している朝鮮半島

 3.「七奪」より「七恩」史観で半島史を見つめよ
  ①恨みごとばかりの「恨」の文化
  ②本当の被害者は日本人である



黄文雄氏著 「韓国は日本人がつくった」より


「試し腹」
朝鮮半島で行われていたもので、父親が結婚前の自分の娘に対し、妊娠の可・否を調べる
為に性行為をする事を云う。大韓帝国の時代まであった風習だが、日韓併合後に直ちに禁
止にされた。「女は子を産む道具でしかない」朝鮮では、道具(女)が不良品(不妊症等)で
あってはならない。 故に、『これこの通り、妊娠できる体でございます』ということを証明する
ために、「種男」という男に娘を犯させ、妊娠した状態で輿入れさせる。これを「試し腹」と言い
ます。 産まれてくる子供は、当然夫の血を引いていないため、妻と同じ奴隷的な身分しかなく、
結婚はおろか大人になるまで成長する者も稀だったと言われています。自分の娘を血縁の
近い男(兄や叔父)に妊娠させて、妊娠できる女と証明させて嫁がせる儒教思想が暴走した
悪しき習慣だそうです。 日帝が禁止した朝鮮時代の悪しき風習です。







« 【国際】日本の常任理事国入り、進展ない…国連事務次長 | トップページ | 韓国原発の放射能が駄々漏れだった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661614/44610572

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国は日本人がつくった。(黄文雄著) :

« 【国際】日本の常任理事国入り、進展ない…国連事務次長 | トップページ | 韓国原発の放射能が駄々漏れだった »