xxx

  • x
  • xx
  • xx
  • xxx
  • xxx

xxxx

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 愚民思想が根強い人気を持つ理由 | トップページ | 朝鮮飲みキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !! これはナイスなコリアンドリンキング »

2012-01-30

赤っ恥 仙谷元官房長官が法廷で裁判長に叱られた!

通常国会が開会した24日の夕方、その男の姿は東京地裁の第712号法廷にあった。

 仙谷由人政調会長代理は昨年、週刊文春と週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、それぞれ1000万円の損害賠償や謝罪広告の掲載などを求めて提訴。24日に開かれた裁判に原告として出廷したのだ。


 問題になったのは、文春が「仙谷官房長官 篠原涼子似日経記者にセクハラ暴言!」、新潮は「『赤い官房長官』の正気と品性が疑われる桃色言行録」(ともに11年1月13日号)という見出しの記事だ。10年末に官邸内で開かれた内閣記者会との懇談会で、当時は官房長官だった仙谷が、お気に入りの女性記者の体を触り、「(アソコが)立つ」「立たない」と下ネタを口にするセクハラをはたらいたという内容である。


 仙谷側は「事実無根であり、読者に対して誤った認識を抱かせた」として告訴。「これはジャーナリズムの危機」とまで断じていた。さすがは弁護士出身だけあってケンカ上手……と思ったら、どうも旗色が良くない。


 この日の裁判では、午前中にセクハラを受けたとされる女性記者が出廷。


「記事に書かれたような発言があったのは事実で、肩も抱かれた。ただ、セクハラとは感じず、訴える気はなかった」


 と証言したのだ。


 裁判を傍聴したジャーナリストが言う。


「“勃起発言”の有無について証言せざるを得なくなった仙谷氏は『“立たない”と言った記憶はあるが“立つ”とは言っていない』とか、『“立たない”という言葉は日常的に口にしている』と珍妙な言い訳を展開。『懇談会には他にも女性記者がたくさんいた』『特定の記者に向かって言ったわけではないからセクハラではない』と牽強付会な主張をして、法廷内の失笑を買っていました」


 最後は裁判長から「大勢の女性の前で“立たない”と言うこと自体、セクハラではないのか」と、たしなめられたという。


「記事は“事実無根”として訴えたことも裏目に出た。裁判長から『発言があったなら、どうして(意見書に)そう書かなかったの!』と叱責されていました」(前出のジャーナリスト)


 最近は政界でも存在感はほとんどなし。落ち目の仙谷を象徴するような話である。


(日刊ゲンダイ2012年1月26日掲載)




http://news.livedoor.com/article/detail/6231109/


« 愚民思想が根強い人気を持つ理由 | トップページ | 朝鮮飲みキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !! これはナイスなコリアンドリンキング »