xxx

  • x
  • xx
  • xx
  • xxx
  • xxx

xxxx

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 中国の「レアアース優位性」は永遠でない、日本の発見で=英紙 | トップページ | 全豪テニスで地元紙、「旭日の勢い」錦織をトップ報道 「The rising son」 »

2012-01-24

『借金あっても支出できる日本』=世界を見渡せば、どこの国も借金苦!







 『借金あっても支出できる日本』=世界を見渡せば、どこの国も借金苦に悩まされている。最悪状態は言うまでもなくユーロ圏。景気浮揚を図りたくても財政悪化で使えるお金がない。日本も財政の厳しさは同じ。通常なら大量の国債発行を組み込んだ大判振舞いの予算は組めないはず。


  ところが、日本には「東日本大震災の復興」という大義名分がある。復興には誰も反対できない。アメリカも対中国ということでアジアの軍事力強化という大義名分がある。結局は以前の強いアメリカ体制に戻りつつあるわけだ。日本はこのチャンスを逃す手はない。復興を前面に打ちたて経済再生を図る残された数少ないチャンスだろう。


(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)




http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0124&f=business_0124_051.shtml

« 中国の「レアアース優位性」は永遠でない、日本の発見で=英紙 | トップページ | 全豪テニスで地元紙、「旭日の勢い」錦織をトップ報道 「The rising son」 »