xxx

  • x
  • xx
  • xx
  • xxx
  • xxx

xxxx

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 東日本大震災に便乗する韓国と『脱原発』デモの極左集団 | トップページ | ネパール人男性殺害事件 「人違いと分かっていたが八つ当たりで暴行した」と供述 »

2012-01-24

「王家」そう呼ぶ左翼学者も居るというだけで、別に市民権得ているわけじゃねぇよ左翼臭プン

『平清盛』に噛みついたネットユーザーを時代考証担当者一蹴 2012.01.23 16:00

開始早々、井戸歳三・兵庫県知事から「薄汚れた画面」とのクレームがついた大河ドラマ『平清盛』(NHK)だが、
今度はインターネットでさらなる物言いがついた。劇中、白河法皇の院政体制について「王家」という呼称を
使っていることに、一部のネットユーザーが猛反発したのである。

ネット上では、「皇室もしくは天皇家と呼ぶべきだ」「NHKは皇室を貶めた!」などと、批判的な書き込みが
あふれている。が、時代考証を担当した東京大学史料編纂所の本郷和人・准教授は反論する。

「清盛の時代は、白河法皇、鳥羽上皇など個人の力が絶大で、天皇家全体を表わす明確な言葉は
ありません でした。一方で、この時代に天皇を『王』や『王者』と書いている例は多数見つかります。
それ以外に 使われるのは『主上』『帝』で、『天皇』はほとんど使われません。そのため『王家』
という表現が最も 当時の実情に近いと考えられるのです」

中国では「皇帝」が最も位が高く、中国各地や朝鮮など近隣諸国の「王」を従えていると考えられてきた。
そのことを反発した人たちが“不敬”だと批判する根拠になっている。

「『王家』という呼び方を批判する方々は、天皇は中国の皇帝と同格だから、『王』では侮辱にあたると
主張します。しかし当時の人の感覚ではそうならない。現代よりもはるかに位や身分の上下について
敏感 だった貴族たちが、天皇を『王』と書いているのです。決して皇室を貶める意図はありません」
※週刊ポスト2012年2月3日号

NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20120123_82290.html
前スレ http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1327304740/
★1がたった時間:2012/01/23(月) 16:45:40.41





もうNHK自身がHPでの紹介で、「王家」から「朝廷」に改めてんだから、
「我々学者が最近学会で使ってんだから!」って理由で、強弁されてもねぇ。w




反日左翼の巣窟である犬HKが左翼史観によって、「王家」という言葉を使い
番組の中で連呼させて日本を貶めているにすぎないのである。





15 :名無しさん@恐縮です:2012/01/23(月) 21:25:04.98 ID:uCdn4Kgd0
大体、ネトウヨなんてエセ愛国者なんだから、
いちいち相手にしなくていいよ。


22 :名無しさん@恐縮です :2012/01/23(月) 21:26:55.78 ID:bKgf+H5J0
日王は謝罪しろ

23 :名無しさん@恐縮です :2012/01/23(月) 21:27:04.43 ID:tHxDv4Q40
「王家」批判はただの揚げ足取りなんで、
無視していいですよ

25 :名無しさん@恐縮です:2012/01/23(月) 21:30:14.86 ID:mbePwnPL0
ネトウヨとかマジで日本の恥。
口先だけで全く日本に貢献しないクズ。




どうしても王家と呼びたいNHKw
これだけは絶対に譲れないw




これの問題点を簡潔に教えて



朝鮮人が天皇のことを日王と呼んでる
NHKは最近韓国マンセー報道ばっかしている
それで火が付いた




清盛の時代は、白河法皇、鳥羽上皇

上皇、上皇、上皇、上皇なのに

なぜか天皇陛下だけは王家ですww






この嘘吐き学者が言っているのと違って、この時代に王家なんぞと呼んでる文献はないってばさ。
神皇正統記に書いてあるって?あれは春秋戦国時代の故事の引用に王家を使っているだけだ。

当時は皇家。この子場を使い出してから、500年も経っている時代だよ。



統治者の血脈として天皇嫡流を表すときに
漢文用語を引用して「王」を用いる時はある
しかしながらあくまで教養として中国の概念を借りてるわけで
具体的な天皇血統そのものを「王」としていたわけもない
当時の日本語における「王」は親王宣下していない天皇の子と明快に定義されてる


つか、この時期やるなら以仁王が登場せんわけいかんのだから
安易に混乱させるような言葉を使うなよ
どんだけ言語に鈍感なんだ・・・






「王家」という言葉を使用している日本の史料

・「大宝令」(701年)
・「養老令」(757年)
・「聖徳太子伝暦」(917年、藤原兼輔)
・「玉葉」(1164~1200年、九条兼実)
・「吾妻鏡」(1300年頃)
・「平家物語」(1309年以前)
・「花園天皇宸記」(1310~32年)
・「神皇正統紀」(1339年、北畠親房)

・治承二年(1178)六月の紀伊国大伝法院衆徒改案「夫王家之為王家(中略)任王家之帰依」
・『花園天皇宸記記』元弘元年別記十月一日条「王家之恥」

「天皇家」は戦後マルクス主義系の人間が天皇制を否定する議論の中で作った言葉
「皇室」も戦後になって作られた言葉。

院政期の頃は天皇と上皇・法皇、さらに朝廷の核である摂関家とが対立する
複雑な政争期なので、「王家」という言葉を使わないと説明できないことが多く
戦前の学者からずっと「王家」を使ってる。知らないのは無知な奴だけ。
日本の歴史を本気で重んじたいなら「王家」っていう言葉には敬意を払うべきだよ。




当時の人達が、話し言葉として「王家」と言っていたんですか?
そこが問題なんだと思いますが。




「王家」という呼称を提唱した黒田氏は、このような人物

http://blog.livedoor.jp/ninzya5/archives/51666906.html
日本共産党といえば、黒田サンが共産党の機関紙『赤旗』に書いた文章もあります。

「戦後今日までの良心的歴史学者の天皇制解明の重点は、天皇の神性の否定や、

社会構成史の観点からの天皇権力の断絶の説明であった。
しかしこれだけでは彼等の詐術を断ち切ることはできないだろう。歴史上の天皇は、

ときに生身の実権者であり、ときに権力編成の頂点であり、
ときに精神的呪縛の装置であった。そして、この三つがいつの時代にも

備わっていたのでないことは明らかで、こうした諸側面を適宜入れ替え
組み合わせてきたところに、天皇制を操作してきた権力の真実の歴史があった。

ところが、いま詐術師たちは、自分ではこれを使い分けながら、あえて混同させて人々を欺いている。
そのからくりを作動させないためには、むしろ天皇制の『存続』の根拠をこそ具体的に分析して、

知性の明白な光にさらす必要があるのでなかろうか。
さらに神道なるものが一貫して日本の民族的祭祀であったという類の近代的な神話も

打破される必要があろう」※17.

左翼臭プン






>>時代考証を担当した本郷和人


なんだDQNじゃないかw



DQNと分かっているからこそ、問題なんだよ。

なぜこんなクズを、『時代考証」と称して使うのか。





本郷和人「謎とき平清盛」p63から
<ドラマ・平清盛>では、天皇や上皇の家を「王家」と称します。
ですが、今までの大河ドラマでは、天皇家とか皇室とかの語を用い、王家とは言わなかった。
どうして今回は新しい呼び方を取り入れるのか。
先ず押さえておかねばならぬのは、当時の言葉の使い方です。当時の人々が天皇家や皇室と言っているのに、 番組が王家と呼んではおかしなことになります。そこで調べてみると、天皇家も皇室も王家も、
使われていない、が正解です。当時は天皇や上皇や皇太子や女院などをひとまとめにして「ファミリー」
として考える、ということをしなかった。播磨灘や周防灘といった海はあった。でも中世には、それらをまとめて
「瀬戸内海」という一つの内海と捉えることはなかった。それと同様です。すると、天皇家と呼んでも
王家と呼んでも、間違いではないことになる。
ある研究者の整理(「<王家>をめぐる学説史」歴史評論二〇一一年八月号)によると、王家という語が
用いられるようになったのは、第一章(3)でふれた黒田俊雄氏の権門体制論からのようです。
黒田氏は公家・武家・寺家に呼応するかたちで、王家と称した。黒田氏によれば、天皇は日本の国王、
と位置づけられていましたから、この用い方は妥当なものといえるでしょう。
その後、西洋史の影響を受けて、日本の歴史学でも「王権」の分析が盛んになりました。
戦前のように、日本の天皇は他国に例を見ない唯一無二の存在である、というのではなく、
天皇を国の頂点に君臨する王と捉える。そうすると自ずと他国との対照・比較の視点が開け、
東アジアの中の日本、世界の中の日本を考える際にも有用である。
ですので、現在の学会では王家という呼び方が確実に市民権を得ているのです。

そこで時代考証の判断として、学問的な見地から、「王家」の語の採用を提案しました。

本郷和人氏が参考文献にあげている「歴史評論」2011年8月号の
遠藤基郎氏『院政期「王家」論から抜粋
>「国王である天皇の家」は、これ以前「皇室」「天皇家」と表記されていた。しかし黒田はこれらを退けた。
>「皇室」「天皇家」は、中世の同時代用語ではなく、近代に生み出された近現代国家権力による高度に政治的意図を
>含意した用語である。それ故に、学術の中立性を堅持する上で、不適切としたのであった。
>「王家」論という言い回しは、中世ことに院政期・鎌倉期以外には定着していないと見てよい。
>「王家」論という構えは、院政期・鎌倉期を扱う研究の「方言」とも言えるだろう。
>黒田の言う「王家」は、必ずしも史料表記の「王家」とは、重なり合わない。黒田の意図には、
>岡野の言う「院宮家」が適切である。
>ただし、史料表記と研究用語との不一致は、学説史上まま見られることである。
>すでに「王家」のようにデファクトスタンダードとなった研究用語の場合、これを改めるのは難しい。
>ある意味、割り切った態度で望むのが、現実的対応であろう。



>現在の学会では王家という呼び方が確実に市民権を得ているのです

そう呼ぶ左翼学者も居るというだけで、別に市民権得ているわけじゃねぇよ。

これだから、チョンと左翼は、息吸う度に嘘を吐くと言われる。







高松百香<王家をめぐる学説史>のまとめ(修正版)


・「王家」なる学術用語を始めに提唱したのは権門体制論を主張した黒田俊雄氏
・黒田俊雄氏は、当初は「天皇家」を使っていたが、<<王家>>という言葉が、中世の史料上では
「<<国王>>が出た家」として使用されており、中世に使用されていない「皇室」を使うのは
万世一系の意味を込めた近代天皇制による見方だとして「王家」表記を提唱した
・それに対して奥野高広氏は「皇家」「朝家」が中世において「皇室」をさす言葉として機能していた、と批判
・奥野高広氏の批判に対し、黒田俊雄氏は「皇家」と「王家」が語義的にほとんど同じで、
中世資料上では天皇を「王」として表記することが多いにもかかわらず、「皇」の字にこだわるのは、
天皇に諸外国一般の「国王」以上の意味を持たせたい意図による、と批判
・黒田俊雄氏が「王家」を提唱したのはおそらく、社会が右傾化しつつある中で客観的に中世の天皇制を
論じようとしたから
・伴瀬明美の1993以来のいくつかの論文の後、「王家」表記を使用する研究が増加したように見受けられる
・一方、天皇を出す家であるところにこの家のアイデンティティーがあると考え「天皇家」を用いるようになった伴瀬氏や、花山源氏の白川家が伯在任中に王を称したため、「王家」では混同が起こるとして「院宮家」を提唱した岡野友彦氏がいる。
・黒田と筆者(高松百香氏)は日本のうちだけではない、世界の「王」の一種として天皇を論じるべきであるのが重要と考えている





諡であるはずの崇徳天皇とかの名称で相手を呼んでるもおかしい。
ナレーションで後の○○天皇、当時は○○で呼ばれてたって注釈入れればいいだけなのに
地位が上がるに連れて名称が変わっていくのも時代劇の醍醐味と思うのに。
日本語、言葉に対しての認識のおかしなドラマだよ。






毎度毎度、ドンデモ脚本のNHKの大河ドラマが
ここだけ「時代考証」にこだわるのが糞笑える

政治的にバイアスかかり過ぎだから低視聴率なのが分からないNHK
朝鮮人社員に好き勝手させなさんな



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      ,.r'''" ̄ ̄`'ヽ、       ,,...---、、、,,                 _,,.-'''" ̄ ̄`ヽ,
   ./           \  ./       `'''ー、        ,.r'"           ',
  ,r'  朝 鮮 人 の  .∨  朝鮮人による `ヽ、    / 朝鮮人の為の .i    / ♪ピポパポーン♪     
 ./   ./"`、  /"`,   i       /"`,  ./"`i  \  ,r'    /"`! ,,.-''"`!    .|  ./〝お知らせです!!!〟
 !   ./   \/ ./   .|,      /  'ー‐'  /    '、/   ./  .'" ,,.-'"     | <   ・NHK番組の視聴は
. i   /  /'、    /   .,' ',.   /  r─ァ  /     .i!   /  .r、 \      .,'   \  .・日本の皆様の勝手ですが 
. |.   i, ./ .\ /   ./  '、.   i  /   ! ./       |   i, ./ .\ .)    .,'    ..\ .・受信料だけは滞りなくお支払下さい
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


« 東日本大震災に便乗する韓国と『脱原発』デモの極左集団 | トップページ | ネパール人男性殺害事件 「人違いと分かっていたが八つ当たりで暴行した」と供述 »