xxx

  • x
  • xx
  • xx
  • xxx
  • xxx

xxxx

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« パチンコ 朝鮮学校 尖閣 売国阻止 | トップページ | 山形・戸沢村 乗っ取られた村 »

2011-12-29

真っ赤な革命大好き団体が幼児を朝鮮文化で洗脳している件w

真っ赤な革命大好き団体が幼児を朝鮮文化で洗脳している件w



真っ赤な革命大好き団体が幼児を朝鮮文化で洗脳している件wwwww

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]2011/10/10() 15:56:34.96 ID:WhBoiGPe0
まずはこれをみてくれ

ttp://kamome.2ch.net/test/read.cgi/livemarket2/1318084606/932
36 名前:右や左の名無し様[sage] 投稿日:2011/10/10() 10:35:34.18 ID:???
東京区部住みです。


公立小の観劇教室で「金剛山のトラたいじ」というのがありました。

(演出:関谷幸雄・オペレッタ劇団ともしび)

題名からもわかるように朝鮮民話がもとです。


かいせつに

「韓国朝鮮の民話には、壮大なスケールとロマンにみちたものがたくさんあります。
 日本の古事記に登場する 神 話 の も と の 
物語と思われるものも多く、
 いわば、日 本 文 化 の 源 流 
とも言えるものが見受けられます。・・ry


プログラム中の説明として

「ネギをうえた人

 むかし 人 間 が 人 間 を た べ て い た。

 それは、人間が牛にみえたから。さて、そこで……。」


劇団のHPを見るとこのような売国洗脳プログラムが全国の

保育園、幼稚園、小学校、中学校で鑑賞されているようで本当に恐いです。



http://www.tomoshibi.co.jp/about/schedule/9schedule.html


また朝鮮文化か、って思っただろ?wwwでも今回は一味違うんだなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


ロウセイのリチョウは博学エイサイにして若くしてコボウに名を連ね

山月記


次にこれを見てくれ





前スレの劇団の話について
ttp://kamome.2ch.net/test/read.cgi/livemarket2/1318084606/932

あーこれですか。このHPのリンクに「歌声喫茶」ってありますよね?
赤い組織の末端です。階級闘争をオブラートにくるんで活動してます。

染まってる人は「インターナショナル」とか喜んで歌う感じです。


こういうところに来る一般人はオルグしやすいタイプが多いので、


適当に見繕ってはとりあえず劇団の公演に誘い、次に劇団員として徐々に引きずり込んで絡めとりますw

カタギのひとはまず近寄らないことをお勧めします。


なぜ私が知ってるかって?それは秘密ですwwwここは便所の落書きですしww






さて、この団体の恐ろしいところは、
朝鮮文化を紹介してるということじゃない・・・・・・・・・

「革命」 「階級闘争」  とか


「プロレタリアート」  とか、
歴史の教科書でしか使う事のないような言葉がでてくるわけだが、
聞いた事くらいはあるよな?


その手の人間ってまだ日本にいたんだ
レアものだな




ttp://www.tomoshibi.co.jp/operetta/index.html


さて、幼児への朝鮮文化洗脳活動をしているのは、
この「ともしび」という団体なわけだが、






左側のメニューに

CDアルバム ロシアのうた」

その下に

CDアルバム たたかいのうた」
w
某学会系雑誌に必ず田大名誉会長の記事が載らないと気が済まないように、

赤い組織の関係団体は99%、ひらがな書きで「たたかい」がデフォです。

一所懸命偽装しても、心の底に流れる暴力革命思想への指向はどーしても

ぬぐい去れないようですね
w




ここの劇団員はおそらく名画「ドクトル・ジバゴ」を繰り返し見ながら

バラライカを手に「いつかは俺たちも革命を」と決意を新たにしている

ことでしょう。


左翼ってどこの国にもあるものだけど
左翼が国を売ろうって思想を持っているのは日本だけの特徴


さて、いくつかこのサイトを見てみよう





うたごえ喫茶・ともしび9条の会
ttp://www.tomoshibi.co.jp/bunka/kujyo.html


んー?
なwwwwんwwwwwだwwwwこwwwwれwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



なんで歌声と







憲      法        9     条      ???????????



ともしびショップ
ttp://tomoshibi01.cart.fc2.com/

労働歌・革命歌だけのうたごえ喫茶
11
13() 12:00開場 12:30開演

会場:ともしび新宿店

1
ドリンク付き


5月のメーデー前の労働歌・革命歌だけの企画を秋にも実施します。



んんー?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




ともしび歌集「うたの世界533」

ヒロシマの有る国で   青い空は   心の歌

  似島   原爆を許すまじ   我が大地のうた

  ほたる  わたぼこの中に咲いた花  手のひらのうた

  折り鶴   ありふれた人生   たんぽぽ

  わらぐつの歌  闘ってこそ明日はある

  民族独立行動隊の歌   赤旗の歌




は?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
赤旗? 民族独立行動隊?    
この団体は普通の歌を楽しむための団体じゃないの?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
アメイジング・グレイスと「ヒロシマ」の歌????????????????


さて、この歌声喫茶、この活動をマスコミにも取り上げられる立派な団体です

7月14日(木)にフジテレビ「とくだね」の収録が入ります。

その日は、パリ祭の企画として、清水正美と金指修平のミニミニコンサート(7:157:30)があります。収録はそのミニミニコンサートの後の予定ですが、パリ祭ミニミニコンサートとあわせて、お客様に楽しんでいただけるといいかと思っています。

放映は、718日の午前の番組「とくだね」での予定。



>7月14日(木)にフジテレビ「とくだね」の収録が入ります。
>7月14日(木)にフジテレビ「とくだね」の収録が入ります。


フジテレビ「とくだね」の収録が入ります。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、この団体がマスコミにも取り上げられる立派な団体であると
皆さんにも分かってもらえたと思います。



じゃあ次に

このうたごえ喫茶で歌われてる歌を

もうちょっとちょっと見てみましょうか

ttp://www.tomoshibi.co.jp/old/print/index.html



イワサキヒロシの世界「北キツネの子守唄」

ふつうですね。童謡らしく、収録曲も懐かしい感じのするものです


1.1000人の大歌声ライブ-(司会:中西明、小川邦美子)

花(滝廉太郎)、青い山脈、下町の太陽、喜びも悲しみも幾歳月、

山男の歌、知床旅情、カチューシャ

バルカンの星の下に、収穫の歌、シベリヤ大地の歌

夢路より、私の愛した街、若者たち、星よおまえは、

心はいつも夜明けだ、世界をつなげ花の輪に



2.1000人の大歌声ライブ-(司会:間下邦彦、行貝ひろみ)


 フィンランディア、ジョン・ブラウン、祖国の山河に、もずが枯れ木で、

ピクニック、おおブレネリ、のばら、アンニーローリー、

ビア樽ポルカ、シェリート・リンド、あの素晴らしい愛をもう一度、

上を向いて歩こう、さとうきび畑


3.1000人の大歌声ライブ-(司会:清水正美)


 夕べの集い、花まつり、サン・トワ・マミー、草原情歌、北上夜曲、

ちいさい秋みつけた、春が来た、

メドレー:<四季の歌、あざみの歌、椰子の実、故郷を離るる歌、

おお牧場は緑、菩提樹、トロイカ、すずらん、琵琶湖周航の歌、ふるさと>、地上の星、大きな古時計、勝利をわれらに、島唄、夜明けのうた、

赤とんぼ






トロイカ・・・・?シベリヤ大地の歌・・・・・?世界を繋げ花の輪に・・・・・・・・・・・・・・?


世界をつなげ花の輪に


作詞

作曲 篠崎  正

箕作 秋圭



太陽は呼ぶ 地は叫ぶ 
立て逞しい労働者
働くものの赤い血で 世界を繋げ花の輪に
 我等未来を語るもの 世界を一つに結ぶもの

2 若者よ今 旗高く 行け爽やかな朝風に

乙女の髪に花香り 解放の鐘は鳴り響く

 我等未来を語るもの 世界を一つに結ぶもの


3 赤旗は揺れ 胸おどる 見よこの旗を色染めた

人民の血の滴りは 我等の国の花と咲く
 我等未来を語るもの 世界を一つに結ぶもの






??????????????????????????


バルカンの星の下に



作詞:イサコフスキー、作曲:ブランテル
日本語詞:楽団カチューシャ


1 黒きひとみいずこ わがふるさといずこ

  ここは遠きブルガリア ドナウのかなた

  ここは遠きブルガリア ドナウのかなた


2 はるばる越えし 山河(やまかわ)幾千里

  夢にも忘れざりき 恋しふるさと

  夢にも忘れざりき 恋しふるさと


3 かがやくバルカンの  星の下(もと)にて

  幼き日の思い出 まぶたにえがく

  幼き日の思い出 まぶたにえがく


4 黒きひとみよ 静けき語らいよ

  何ものにもまして 恋しふるさと

  何ものにもまして 恋しふるさと


《蛇足》 第二次大戦中に制作された戦時歌謡
です。
ブランテルは『カチューシャ』『ともしび』などの作品で有名な作曲家




滝廉太郎や、あの素晴らしい愛をもう一度は、わかる。
でもなんでこんな歌を?


ほかにも、
アメイジンググレイスと、ヒロシマの有る国で


が一緒のCDに収録されている





もうなにが言いたいかは分かってもらえると思うが、
この団体は単に歌をみんなで歌って、ハイ楽しいね、


それで終わる団体ではない
という事だ。


そして、こんな団体がマスコミに取り上げられて、

幼児に朝鮮文化を「日本文化の起源ともみられる」といって紹介してるわけだ。


朝鮮文化と共産主義のつながりがよくわからん




朝鮮文化はさわりだけだよ。
大筋は、怪しい団体が幼児向けの演劇したり、人集めてコンサートしてる件

ってことだと思って欲しい。

わかりにくくてすまん。




俺が言いたいのは、こんな身近なところでも、
こんな怪しい団体が入り込んでるって事
だ。



歌ひとつとっても、戦争の事が忘れられない、革命を続けてるようなやつら


戦時中日本をわざと負けさせて、
焦土になった日本をのっとって共産主義革命を遂行させようと

そんなことを言っていた輩





そいつらが何食わぬ顔して演劇したり歌を歌って幼児を洗脳したり、

革命歌(笑)を歌って自分を慰めて



革命に酔ってるような人間が




確かに存在するって事だ



朝鮮文化は、単純に金になるからじゃないのかな・・・
韓国で公演してなんか賞もらってるみたいだね


【受賞】平成6年度厚生省中央児童福祉審議会特別推薦文化財

【受賞】平成10年度文化庁優秀舞台作品

【受賞】95,97年ソウル国際児童演劇祭招待作品

【受賞】2000年韓国イクサン国際児童演劇祭招聘作品

【受賞】2002年アシテジ世界大会ソウルフェス招聘作品


あと、こういう人たちは日本人なのに日本大嫌いだからね・・・・・・
こういう訳の分からない朝鮮文化ageをするんだろうね


そんな工作員とか、共産主義とか革命とか、

いまの平和な日本であるわけないじゃんって思っても、



こういう輩は、姿を変えて潜んでるって事、




フジデモで表面化した問題ひとつとっても分かるとおり、


日本もそんなに平和じゃなくなってきてるって事を覚えておいて欲しい。



お前すげーな


あと、韓流とかいきなり憲法9条とか、うさんくさい組み合わせに、

ちょっとでも


「ん?おかしいな?」



って思う気持ちを忘れないで欲しい。

さらにいえば、ちょっとでもそれについて調べてみて欲しい。





それだけ。

ホントそれだけ。



ようじょに迫り来るまっかな朝鮮思想w



なにこれこわい


こわいね、素直で警戒心ないし、知識もないから
知らず知らずに洗脳されちゃう

これをヤバいと親にチクった子供は相当凄いわ


交流団体関係ってとこのリンク先も凄いな。
旅行社が非同盟活動団体と住所一緒でワロタ。


富士国際旅行社のスタッフブログやべぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



持続可能なエネルギーとは??
原発事故をめぐる世界各国からのレポート


他にも、皆さんに是非読んでいただきたい記事が一杯です!


『いい旅いい仲間』は弊社をご利用いただいた皆さんにお届けしている通信です。

ご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。



2011
524日火曜日

非核の国ニュージーランド と 被爆国日本


2011
511日水曜日

「満蒙開拓団の悲劇」は忘れてはならない日本の歴史のひとつ







旅行の事を書けやwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




« パチンコ 朝鮮学校 尖閣 売国阻止 | トップページ | 山形・戸沢村 乗っ取られた村 »