Capture 222215彼女はエイズによって体を蝕まれています。体からは痛々しい斑が生じ、手遅れの状態になってしまいました。安易に性的交渉をする風俗嬢はエイズへの感染度はきわめて高いのです。

彼女は23歳になって、神様が命を取ろうとしていると嘆いています。








































今日ボクが見た風景



























↑彼女のブログ なにもない、では彼女の肉体のエイズによる衰えと病院への通院、

性欲に堕ちてしまった己へのざんげがつづられています。







「東京のとある場所でNS嬢をしてました。 今年発病しました。

今風俗してる方考え直してください。せめてNSだけは・・・・」



「わたしの命はもう少しです。 かなしい。 しにたくない。23歳になりました」



彼女のブログ なにもない

http://nanimonai.cocolog-nifty.com/blog/


NS嬢とはNo Sex セックスをしない性的サービスのことを言います。



エイズ(HIV/AIDS)ウイルスの起源はカメルーンのチンパンジーという説が有力であり、そこから人に感染して世界中に広まっていったと考えられている。1981年にアメリカのロサンゼルスに住む同性愛男性(ゲイ)に初めて発見され症例報告された。ただし、これはエイズと正式に認定できる初めての例で、疑わしき症例は1950年代から報告されており、「やせ病」(slimming disease)と言う疾患群が中部アフリカ各地で報告されていた。1981年の症例報告後、わずか10年程度で感染者は世界中に100万人にまで広がっていった。


当初、アメリカでエイズが広がり始めたころ、原因不明の死の病に対する恐怖感に加えて、感染者にゲイや麻薬の常習者が多かったことから感染者に対して社会的な偏見が持たれたことがあった。現在は病原体としてHIVが同定され、異性間性行為による感染や出産時の母子感染も起こり得ることが知られるようになり、広く一般的な問題として受け止められている。