xxx

  • x
  • xx
  • xx
  • xxx
  • xxx

xxxx

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

«  ”安住財務相の口先介入も効果なし” 年明け以降は70円まで円高が進むとの予測も | トップページ | 「台湾は中国の一部」を訂正しない長崎県知事金子原二郎2008/11/21 »

2011-10-28

Thích Quảng Đức 気高き焼身自殺



1963年6月11日に、当時南ベトナムのゴ・ディン・ジエム政権が行っていた仏教徒に対する高圧的な政策に対して抗議するため、サイゴン(現・ホーチミン)のアメリカ大­使館前で自らガソリンをかぶって焼身自殺した。

彼は支援者たちが拝跪する中、燃え上がる炎の中でも蓮華坐を続け、一切苦悶の表情や声を出さず、絶命するまでその姿を崩さなかった。その強靭な精神力と威厳のある姿はカメ­ラを通じて全世界に放映された。この衝撃的な事件が世界中に放映され、国内の仏教徒に大きな影響を与えることとなった。

ジエムの義妹のマダム・ヌーは、アメリカのテレビインタビューでこの事件を「僧侶のバーベキュー」と評し、国民のジエム政権への反発をいっそう高めることになった。11月­にはついにクーデターが発生し、ジエムは決起部隊に殺害されたがマダム・ヌーは生き延びた。

リチャード・ニクソンは著作で、この事件を共産主義者のプロパガンダの一環に過ぎないと主張した。アメリカ人ジャーナリストのマルコム・ブラウンの撮影した写真は、196­3年度の世界報道写真コンテストでグランプリを受賞した。

«  ”安住財務相の口先介入も効果なし” 年明け以降は70円まで円高が進むとの予測も | トップページ | 「台湾は中国の一部」を訂正しない長崎県知事金子原二郎2008/11/21 »