xxx

  • x
  • xx
  • xx
  • xxx
  • xxx

xxxx

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トップページ | 中国での五輪予選、なでしこ応援で注意喚起 »

2011-08-26

【中国】手術中に火災が発生、全身麻酔の患者置き去りにされ死亡

【中国】手術中に火災が発生、全身麻酔の患者置き去りにされ死亡


2011年8月26日、上海市の病院で手術中に火災が発生し、全身麻酔のまま置き去りにされた患者が
死亡するという事件が発生していたことが分かった。京華時報が伝えた。

事件があったのは24日午後9時45分(日本時間同10時45分)ごろ。上海交通大学医学院付属第三人民医院で、
交通事故に遭った男性患者(49)の足の切断手術が行われていた。手術に関わったのは全部で6人。
医者が2人、看護師が1人、麻酔医が1人、当直スタッフが2人だった。

遺族の話によると、手術室から煙が上がっているのが見え、すぐに看護師が「火事だ!」と叫びながら逃げてきた。
これに続き、医者たちもバタバタと走って来るのが見えた。「患者は?」と尋ねると、「中にいる」との答え。
とにかく自分たちで助けようと思ったが、すでに消防隊が消火活動をしていたので待つしかなかった。

消火活動が終わり、ようやく手術室に駆け付けることができたが、患者はすでに死亡した後で、
遺体が白い布をかけられ廊下に寝かされていた。手術室の中は焼けておらず、
ススで真っ黒になっているだけだった。遺体にも火傷の跡はなかった。

病院側の説明によると、火災は隣の手術室で発生。最初に気付いたのは看護師で、燃えていたのはオゾン殺菌器。
すぐに消火器で火を消そうとしたが勢いが強く、煙も蔓延してきたため、手の施しようがなかったという。

患者を置き去りにした理由については、手術台が固定されていたため、運び出すことができなかったとしている。
医者は「酸素吸入器を付けていたため、煙が来ても呼吸はできると判断した」と話している。(翻訳・編集/NN)

Record China 8月26日(金)17時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110826-00000020-rcdc-cn



中国のありふれた日常

トップページ | 中国での五輪予選、なでしこ応援で注意喚起 »